「症例で見る部位別診断方法 超音波画像診断」

大腿・下腿編 筋挫傷と肉ばなれ

監修:皆川 洋至先生(城東整形外科 診療部長)
<概要>
筋損傷の多くがスポーツ選手に発生するため、早期診断、治療効果測定、治癒過程の把握は適切な競技復帰時期を予測する重要な情報源となります。超音波検査は損傷部位や範囲を瞬時に把握できます。さらに動的観察ができるリアルタイム性、簡単に持ち運べる可搬性は、単純X線写真、MRIには無い超音波検査だけの特徴です。
本テキストでは、大腿・下腿における筋組織の描出方法と筋挫傷や肉離れなどの画像所見についてまとめられています。
ダウンロードをご希望される方は、右のフォームに必要事項を記入の上お申込ください。お申込完了後、メールにてダウンロードURLをご連絡致します。
<ダウンロード申込フォーム>
「個人情報の取扱いについて」はこちらをご覧ください。