「症例で見る部位別診断方法 超音波画像診断」

足関節編 足関節靭帯損傷

監修:皆川 洋至先生(城東整形外科 診療部長)

<概要>
足関節捻挫は、その半数以上が前距腓靭帯(ATFL)の断裂です。従来から行われてきたストレス撮影は、靭帯断裂を間接的に推測できても直接評価することはできませんでした。撮影時間、人手、被爆の問題を抱える単純X線写真と異なり、超音波検査は触診の延長として「瞬時」に靭帯断裂を直接評価できる利点があります。
本テキストでは前距腓靭帯(ATFL)について、描出・観察のポイントがまとめられています。
ダウンロードをご希望される方は、右のフォームに必要事項を記入の上お申込ください。お申込完了後、メールにてダウンロードURLをご連絡致します。
<ダウンロード申込フォーム>
「個人情報の取扱いについて」はこちらをご覧ください。